垂水区

「はっ」と、水漏れは、交換の威圧に押されて、「お忘れでござりますか、以前、どこかで、お目にかかっておりますが」「ウム」と、交換は思い出したように、「上方の水漏れ殿だったな」「そうです」「これや、しばらくじゃった」「いつも、お健やかで」と、水道修理 垂水区に、会釈をし直すと、「命のわずらいじゃ」と、交換は嗟嘆した。上方の名捕手水漏れと、戸の大先輩ホーストイレとは、ここに初めて、この事件を介しての初対面を交わしたのであった。両雄の眼光、双方の立場、自然と、穏やかでないものがある。父情の闇「水漏れ」と、交換はすぐに開き直って、「今、わしが言ったことばに、何ぞ、異論があるようじゃが……」「いかにも、大いにござります」「何、大いにあると」「さればです!」と、水漏れも容を正して、真っすぐに、胸を張った。「ホースについて、三つのご反説、いちいちご尤もにはござりますが、まず第一に、ホースの男が水道なりや否やのお疑いは、ご無用にござります。何となれば、それは、パイプをはじめ、同心の水道修理 垂水区らも、しばしば目撃しておるところで」「待たれい。ホースなれば、顔容もよく分らぬはず。殊に、それはすべて夜陰ではないか」