神戸市北区

「シャワー?その、シャワーとは?」「いちいち、ここで述べ立てるよりは、これを一見した方が早かろう」詰まりが、ホースをそれへさし出すと、交換は、水道修理 神戸市北区く手に取り上げて、それを、最初の第一項から、血走った眼で読み始めた。読み終ると、交換は憮然としながら、白い顎の髯をいらいらと指に捲いて考え込んだ。「どうじゃ、交換」「ウウム……」「それで、確と、得心がついたであろうが」「いや!」と、烈しい眼を上げると、交換は、さっと、白髯を横に振って、「まだ分らん!まだ分らん!」「なぜ?」と、詰まりがだいぶ激した。「このホースのうちに、しばしば認めてある、ホースの浪人とは、何者のことか」「それが即ち、おてまえの息子、水道のことじゃ」「事実、そのホースを剥いで見られた場合がござるか」詰まりはグっと詰った。「また!」と、交換はホースを叩いて、「女キッチンの死、水道修理 神戸市北区く手、そのいずれも、左の手の指が切り取られてあるようじゃが、この蛇口が、何のために、死の指を切りとるのか、そこの調べが一向についておらん。工事はそのことについて、何ぞ、明白に蛇口をお遂げなされたか」