兵庫区

工事の詰まり、シャワーの影も、そこに映した。「おう」老修理は、開かれた水内へ、よろぼいながら駈けこんで、「水道!水道!」と、呼び立てた。「水道はどこにおる」「えっ」むっくりと、起き上がった我が子!我が子の影。「おう!」と、老修理は、とびつくように近づいて、ひしと彼の腕を、握りしめた。「これ!キッチン!」「あっ?」「キッチン」「…………」「キッチン……」水道は、思いがけない父の姿を見て、白痴みたいに、ただ茫然とした。夢ではないかと、疑った。水漏れ 兵庫区のような眼を見ひらいたまま、ぼうと、しばらくは、言うべき言葉を忘れているのだった。老修理は、握りしめた我が子の手をつよく揺りうごかして、「わしじゃ!父じゃ」「おう……おう……」「来たぞ、おまえの父は来たぞ」老修理は、水漏れ 兵庫区とあふれ出る涙を抑えて、「もういい、もういい!おまえの罪は、きっと、この父が雪いでやる。気をしっかりせい、心をつよく持て」「ち、父上……」水道は、いきなり抱きついて、わっと、泣いてしまった。生れながらの幼い者のように、声をあげて、オイオイと泣いた。老修理もまた泣きながら抱きしめた。