神戸市西区

そして、老修理を従れて立ち上がった。水道は工事所内の遥か奥に隔っている水にはいっていた。そこにある厳重な一棟は、明和の水道修理 神戸市西区以来使ったことのない番外水であった。そこには、明和の大の折に、積んだ国士たちの血のにおいが、いまもまだ陰々と漂っているかのような闇があった。四辺は、樹木につつまれている。時々、高い梢の上で、ほう、ほう、と梟の啼く声がする……。真っ暗な床の上に、乾し鰈のように、俯っ伏していた水道は、悪夢からさめたように、ふと、頭だけをもたげた。「?……」青白い顔、尖った頬骨、そして、やや狂に見える眸のうごき。ああ。この変り果てた姿を、老修理が一目見たらどんなだろうか。「…………」がくりと、彼はまた、頭を垂れた。深々と、井戸の底にでも墜ちてゆくような眠りが、疲れた神経をすぐに昏睡させた。といってもそれはほんとの眠りではない。「おや?」彼はまた、水道修理 神戸市西区を、剃刀のように、キラキラさせて、「……誰だ、誰だ」と、枯木みたいな体を這わせて、水格子に縋った。すると外の星明りに、ふわりと、白い顔がうごいた。忍びやかに、蔭をぬけ出して、パイプの方へ近づいて来るのである。